すうの一人暮らし寝袋生活

物欲と節約の間で心を震わせる40代派遣社員の独り言

着物の断捨離4

着物の買取で、黒着物は買取対象にならない場合がほとんどだ。そもそも需要がない。紋付だとなおさらである。

 

もし着物として着続けるなら、紋をとって黒着物に帯、腰紐、半襟をカラフルな色で着ても素敵だと思う。例えば、宝塚の卒業生のように黒紋付袴姿なんて凛々しく美しい。三味線、民謡、詩吟、武道など民俗・伝統芸能を嗜む方なら正装になるし。

 

でもそういう趣味のない、普段から着物を着ない私にとっては、喪服着物は第2親等までの葬儀の時に喪服として着るしかない。残すは兄弟の葬儀ぐらいか・・・考えたくないな(今後再婚することもないだろうし・・・)しかも、最近は葬儀社が親族用に喪服着物を安くレンタルしてくれるから、クリーニング代、保管の手間を考えると必要ない。

 

最初は、喪服は買取してもらえないし寄付にしようかと思ったのだが、母親が私の将来のために誂えてくれたものだし・・・と躊躇して最終段階まで保管していたのだ。

 

で、ここで40代。

私が持っている洋装の礼服(喪服)は20代の頃に買った若いデザインのもの。しかもやや膝上のワンピース。体型はあの頃より痩せているので問題ないが、さすがに膝上丈の喪服は今後歳を重ねてくると厳しい。着物を着る機会より洋装の喪服の方が通夜、告別式、法事など出番は多い。新しいのを買ってもいいけど、せっかくなら着物を洋装にリメイクしたらどうかしら!?最近は安いブラックフォーマルが手に入るけどそれでも新品で3−5万円はするのだから、着物ならシルク(正絹)だし、リメイクしてもそこまで値段は変わらないのでは?

 

それで調べてみると着物のリメイクは結構お高い・・・

・クリーニング(正絹)

・糸とき

・デザイン、型紙作り

・仮縫い

・本縫い

など数人の職人さんたちが細かい手作業をするわけだし当然。人によってサイズ違うし、一から仕立てるのだから。でも色々探しているうちに、しっかり良心的な金額で詳しく提示している業者さんを見つけた。しかも完成見本のデザインがとても品があって、それぞれがとても素敵だった。

 

ここに頼んでみよう。

実際に見本の試着もできるということでお店まで足を運んだ。実際に着てみるとイメージが湧いて、こだわりたい裾や袖の長さアレンジもオーダーメイドで対応してくれる。そして着物の状態を確認してもらって、値段を見積もりしてもらうと、HP記載の通りのお値段で提示された。ここは信頼できる。

 

私の場合は、喪服→ワンピース

カビ取り、糸解き、仕立てで大体43,000円ぐらい。

 

これなら十分だ!新しい質の良いブラックフォーマルを買うのにプラスαの値段で済む。ワンピースなら着回しが聞くし、何より母親の思いを無駄にしないで済む!

 

私はコロナ給付金をここで使うことにした。職人さんたちの生活のために使いたいと思った。

申し込んだのは夏。で、完成予定は初冬。時間がかかるのは仕方ない。その間は今ある礼服はあるので、急な葬式でも対応できるしね。

 

夏用の喪服(絽)もあるので、上記のワンピースができたら、次はこれもリメイクしようと思っている。今度は普段着に着ることのできる裏地の無いチュニックタイプにする予定。どうせ夏しか着ない絽の素材ならもっと気軽に着たい。これもカビ取り、糸解き、仕立てで大体30,000円ぐらいでリメイクできるらしい。

 

これで合計73,000円ぐらい。これを高いととるか?

普段の私なら間違い無く高いと考えるだろう。でも着物への思いが強い分妥当な値段だと思う。そしてコロナ給付金は、こういうことに使いたい。